夏のお弁当

f0075100_1157046.jpg
夏は細菌の活動が活発になるため、食中毒が多く発生していますね。

新鮮な食材を選んだり、調理の前にはせっけんで丁寧に手を洗い
台所は清潔に保ち、タオルやふきんは清潔なものに交換するのはもちろんですが

今回はお弁当について注意すべき事をまとめてみました。

炊き込みごはんやチャーハンなどの味が付いたごはんや
水分の多い煮物は腐りやすく
生野菜は雑菌の増殖がものすごいので絶対にダメ!だそう。
ポテトサラダなどのマヨネーズであえてあるようなものも×
そして卵や魚介類は熱に弱いのでこれも×

でも、菌の繁殖を防ぐ工夫もありますよ。

詰める前に、キッチンペーパーなどにお酢を含ませて
お弁当箱を一拭きするだけでも違うとのこと。
また、梅干、わさび、しょうが、カレー粉などの食材は
細菌が増えるのを抑える効果が期待できるそうです。

ごはん、おかずはよく冷ましてからフタを閉めるのを忘れないでくださいね。

夏本番、おでかけの機会も増えると思いますが
美味しくて安心なお弁当を持って楽しくお過ごしください^^
by sozaiyastyle | 2014-07-18 20:25
<< ベッドのお手入れ 重曹のちから >>